岩井圭也日誌

小説を書いています。2018年夏頃にデビュー作『永遠についての証明』刊行予定。岩井圭吾とも。

北大生はこれを読め! part2

 以前、同じようなタイトルで『七帝柔道記』と『アリハラせんぱいと救えないやっかいさん』を「北大生必読書」として紹介しました。

 今回紹介する作品も北大、特に工学部と植物園が主な舞台になります。現役生にもOBにもなじみ深いアイコンが頻出し、なおかつ作品自体もすばらしいのでぜひチェックを。

 

 早瀬耕さんの作品を読むのは『プラネタリウムの外側』(ハヤカワ文庫JA)が初めてでした。北大が舞台の連作短編集と知り、急いで購入。読みはじめたきっかけもすぐに忘れて、作品世界へとあっという間に吸いこまれました。

 本書は5編から成る連作短編集。描かれるのは現代(又は近未来)でありながら、SFと恋愛小説のおいしいところだけを濃縮したような作品で、読了後に心地よい浮遊感を味わわせてもらえます。

 1話目、物語は寝台列車の車内からはじまります。下関を出発し、札幌へ向かう道中。男性がちょっとしたきっかけから女性と知り合い、言葉を交わし、徐々に距離を縮めていくさまが描かれていくのですが――

 とにかく、この短篇集は一筋縄ではいきません。1話目の中盤で<ある事実>が明かされ、さらにラストでは思いもよらない展開になります。呆然としたまま2話目へ移ってください。霧はすぐには晴れませんが、じきに少しずつ物語の輪郭が明らかにされていきます。「ああ、なるほど」とつぶやく一方で、どこか腑に落ちない部分も残りつつ、大枠では理解したように思わせられる。そのまま最終話を読み終わり、文字列から顔を上げた後も、まだ小説世界が続いているような気がしてしまうのです。そしてまた1ページ目に戻って再読することに。

 少し引っかかっても最後まで読み通せば、ある景色が見えてきます。それは紛れもなく、「プラネタリウムの外側」からしか見ることのできない景色です。

 

 個人的に最もすごいと感じたのは、「わかったようで、わからないようで、でもわかる」と最後は読者を「わかる」に落ち着かせるところです。

 訳のわからない小説というのは意外とたくさんあって、わからないなりに何かとてつもないエネルギーが感じられればいいのですが、残念ながらそうではないこともしばしばあります。訳がわからず、エネルギーもいまひとつな小説は、なんだか煙に巻かれたような気がしてスッキリしません。

 しかしこの作品は最終的にギリギリ「わかる」のです。置いてけぼりにされた、とは感じないのです。100%わかっているかと問われると自信はありませんが、それはどの小説でも同じことでしょう。大事なのは自分自身が腹に落ちたかどうか。

 特に圧倒されたのは4話目「忘却のワクチン」。物語に施された仕掛け、描写、ラスト、どれをとってもため息が出るような完成度です。これだけでもぜひ読んでほしいけど、でも最初から読んだほうが楽しめるはずだから、やっぱり最初から通して読んでほしい……そんな葛藤に苛まれるほど魅力的な一冊です。

 

 現役の北大生だったころ、農学部の私は研究の都合で時おり附属植物園を訪れていました。平均的な北大生よりは確実に足を運んでいたはずです。真冬は心配になるほど植物が雪に埋もれてしまいますが、根雪が溶けると新緑が生い茂る爽やかな園になります。その片隅に落ちていた物語のかけらに、当時の私はまったく気づきませんでした。

 もしかしたら今でも、そこにはかけらが残っているのかもしれません。